サイト名 アンコンキットのロゴ部分サイト名 アンコンキットの文字部分
No.026

Amazonアソシエイトの審査にあっさりと通過した話

amazonアソシエイトのイメージ画像

グーグルアドセンスと同様に審査が厳しいとも言われているAmazonアソシエイトに、2016年8月にダメ元で開設したばかりのこのhtmlサイトを申請してみたところ、なんとその日のうちに5時間あまりで審査に通過してしまいました。

審査に通らない人もたくさんいると言われている中、なぜ閑古鳥が鳴いている私のサイトがあっさりと通過できたのか非常に驚いているのですが、ここでは私がどのようなページを作ってAmazonに申請し、合格できたのかを振り返りたいと思います。

また、申請時に他社の広告を貼ってはいけないという噂が大嘘だった事など、今回の申請でわかった事なども合わせて記載していきます。

スポンサーリンク
 

Amazonアソシエイトとは

まず本題に入る前に一応説明しますと、Amazonアソシエイトとは通販サイトの大手Amazonが提供する成果報酬型のアフィリエイトプログラムです。

ホームページやブログなどいろんなWebサイトを見ると、ページの端や文章の途中などに、よくAmazonの商品の広告が貼られているのを目にしますが、その広告バナーを経由してAmazonの商品が購入された場合、広告を掲載しているサイトの運営者に対し紹介料として報酬が支払われる仕組みとなっています。

また、グーグルアドセンスがランダムに広告が掲載されるのに対して、Amazonアソシエイトの場合は自由に紹介したい商品の広告が掲載できるようになっています。

Amazonアソシエイトを利用するには

自分のページにAmazonの広告を掲載するには、Amazonアソシエイトに登録申請をして審査に合格する必要があります。

Amazonアソシエイトの審査は、グーグルアドセンスのように1次審査と2次審査に分かれていたり、貼った広告をチェックしてもらうといった手順はなく、申請画面に名前や住所、電話番号、サイトのURLなどを入力して送信し、あとは審査結果を待つだけとなっています。

ただし、だからといってアソシエイトの申請がアドセンスよりも楽なわけではなく、申請画面には多くの選択式や記述式の入力箇所がありWebサイトの中身などについて細かく尋ねられますので、それなりに時間はかかります。

当ページにおける申請から承認までの流れ

当ページはサイトの開設から24日過ぎた8月15日の朝に記事の数が25個ある状態で申請しました。

申請する際には、実際にAmazonの広告を貼りたいページ、つまり商品の宣伝がしっかりと記載されているか審査されるページのURLを入力する必要があるわけですが、私はここで以下の5つの記事を申請しました。

・ドラゴンボールZの激安ブルーレイの記事

・Amazonで格安タブレットを購入した記事

・おすすめのクレヨンしんちゃん映画の記事

・iPod touchの便利な使い方を紹介する記事

・iPod touch用のモバイルバッテリーの記事

そして申請してから約5時間後の午後3時過ぎに、無事に審査通過のメールが届きました。このように審査はとてもあっけないもので、本当に人間が見ているのか?と思うような早さでした。

ちなみに申請画面で入力する「Amazonへのリンクを設置する予定のURL」とは、トップページのURLではなくこのように実際にAmazonの広告を貼りたいページのURLになりますのでご注意ください。

アドセンスの広告は貼るな? 噂の真偽を検証する

こうして当サイトはAmazonアソシエイトの審査に通過できたわけですが、巷にはアソシエイトの審査に関する不正確な情報がアドセンスの時と同じようにたくさんあふれています。

ここからは、Amazonアソシエイトを扱ったページでよく目にする"合格マニュアル"がどこまで正しいのか、私が今回の審査を通して分かった事を記載していきます。

アドセンスなどの広告を貼っていると審査に落ちる?

 

これは全くのデタラメです。私はハッキリと断言できます。当サイトはアドセンス広告と楽天の広告も貼ったまま申請しましたが、問題なく審査に通過しました。私は逆に審査が厳しいと言われているアドセンスの広告は、むしろ貼ってあった方が信用できるサイトとして評価されるのではないかと勝手に考えてしまいます。

フリーメールで申請すると審査に落ちる?

 

そんなことはないと思います。私は普通にGmailで申請して通過しました。フリーメールで落ちたと主張している人達が多いのはなぜでしょうか。ただ、私の場合はこのGmailのアカウントで何度もアマゾンで買い物をしていますので、そのおかげもあるのかもしれません。

訪問者が多くないとダメ?

 

少なくても大丈夫なようです。当サイトの訪問者も開設した時よりは多少は増えましたが、それでも毎日十数人しか来ないようなサイトです。

審査通過に必要な記事の数は?

 

記事の数で合否を決めているわけではないと思います。極端に少なくない限り、内容がしっかりしていて商品の宣伝にもなっている記事なら大丈夫だと思います。記事の文字数に関しても同じです。

お問い合わせのページが必要?

 

普通に考えれば別にいらないような気がしますが…。無くても審査に通ったという人はたくさんいるようです。

とりあえずこんなところですが、最後の方は個人的な見解を述べているだけで、正しい情報とは限りませんのでご了承ください。すいません。

まとめ

今回のAmazonアソシエイトの申請にあたり、いくつものWebサイトを拝見して勉強させていただきましたが、その中にはアドセンスの時と同じように間違った情報もありました。

このように多くの人が主張している事が必ずしも正しいとは限りませんので、テレビでもネットでも多数派の主張を無条件に鵜呑みにするのではなく自分の中の常識で考えて判断するようにしたいですね。

まあ何はともあれ今回はAmazonアソシエイトの審査を通過できて本当に良かったです。これで今まで貼れなかった映画や音楽などの画像を広告という形でページに掲載する事ができるようになります。

まだ取り急ぎ初期設定の小さな四角い広告しか貼れていませんが、もしカスタマイズできるのであれば今後は見栄えのいいデザインに設定していきたいと思っています。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク