サイト名 アンコンキットのロゴ部分サイト名 アンコンキットの文字部分
No.036

JR西日本の最も東にある中土駅へ行ってみた

中土駅の高地から撮影した写真

2016年の9月、まだまだ残暑が残る日差しの強い日にJR西日本が管轄する駅としては最も東に位置する中土駅へ行ってきました。

ここでは中土駅はどこにある駅なのか、さらに駅のホームや待合室、トイレ、駅周辺の様子などについてもレポートしたいと思います。

中土駅とは

中土(なかつち)駅は、長野県北安曇郡小谷村にある、JR西日本大糸線の駅です。

の画像

かつては新潟県にある谷浜駅がJR西日本が管轄する最東端の駅でしたが、2015年3月14日にえちごトキめき鉄道がJR西日本から移管されて以降は、この中土駅がJR西日本の最東端の駅になりました。

中土駅はあまり人が利用しない小さな無人駅で2時間に1本くらいの割合で電車が到着します。

中土駅の周辺

中土駅付近の画像

前回の記事では、JR東日本の境界駅のひとつである南小谷駅から中土駅まで歩いてきましたが、中土駅の周辺に入ると交通安全や子供たちに注意を促すような看板がたくさん見られました。しかし私が訪れた時にはほとんど車は通らず、あまり人ともすれ違わず、とてものどかな所でした。

中土駅から撮った向かいの建物の画像

私の見落としだったら大変申し訳ないのですが、駅の周辺では日用品や食料品が買えるようなお店は見当たりませんでした。ただ駅の向かいにはジュースとたばこの自動販売機がありました。もし買い物をするなら前回の記事で紹介したローソンまで戻るしかないのかもしれません。

スポンサーリンク
 

姫川第二発電所の画像

あとは中土駅周辺で目立っていたものは、白い大きな建物と、そこから山に向かって伸びている筒のようなものですね。この施設は中部電力の姫川第二発電所だそうです。私が来た時には何の音もせず人の出入りもありませんでした。

駅のホームと待合室

中土駅の画像

中土駅には普段は駅員などはいないようで無人駅となっています。出入り口のドアを開けると、そこは待合室になっています。

中土駅の待合室の画像

待合室の中は6畳か8畳くらいの広さはあったでしょうか、椅子も横長のものが2か所にあり、詰めれば10人くらいは座れるのではないかと思います。嬉しかったのは、この部屋にはコンセントがついていた事ですね。試しに10分くらい充電してみましたが、ちゃんと電気も通っていました。コンセントは使っても良かったんですよね?ダメだったらごめんなさい。コンセントはこの待合室内に2カ所、そしてトイレにも1カ所ありました。

中土駅のトイレの前の画像

そのトイレですが、この中土駅には嬉しいことにトイレがついていて、しかも水洗でした。「トイレ」ではなく「便所」という表札が印象的でした。

中土駅トイレの小便器の画像

こちらが男性用の小便器です。臭いもなくハエも飛んでおらず便器も黄ばんでおらず、清潔そのものでした。とても気持ちよく利用させて頂きました。管理されている方ありがとうございます。

中土駅トイレの大便器の画像

こちらが大便器で、男女兼用のようです。私は使用していませんが、水洗トイレで間違いないと思います。これでフタを開けて、くみとり式だったらそれはそれで面白いですが。こちらも清潔でした。

中土駅の待合室とホームの間の階段の画像

駅の待合室を出て階段を上がるとホームがあります。このホームへ上がるためにトビラを開けて進んだところ、私の顔にクモの巣がベターッと貼りつきました。この待合室はクモの巣が多かったのは残念でした。まあクモがいるのは仕方がないんでしょうけど。

スポンサーリンク
 

中土駅のホームの画像

このホームは現在1車線しかないようですが、今では使われていない線路も残っていました。

中土駅のホームの画像

こちらが現在使われている線路とホームです。上りと下りでは乗車する位置が違っています。地方でよく見られるワンマン電車は、後ろから乗車して整理券を受け取り、無人駅で降りる場合は運転士の前のドアから運賃を払って下車します。無人駅じゃなければ下車する駅で駅員に運賃を払います。ちなみに乗車する際は自動でドアは開かず、自分でボタンを押したりして開ける必要がありますので注意しましょう。

中土駅のホームの画像

駅の看板を見るとこの辺には観光名所がいっぱいあるようですね。このページを見て中土には何もないような印象を持ってしまったのならすいません。私が見ていないだけです。

中土駅の整理券と運賃の画像

南小谷駅から中土駅まで約4キロ歩いたおかげで、糸魚川までかかる運賃を670円から580円に節約できました。JR西日本さんすいません。しかし今回の貧乏旅行にかける電車賃は北海道&東日本パスの10850円だけにしたかったので、それでも大きな出費なのですが。ちなみにこの後、糸魚川から直江津までえちごトキめき鉄道を利用したので、さらに670円かかってしまいました。

電車賃って高いんですね。と言うより北海道&東日本パスがどれだけ格安でお得なのかがよくわかります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク