サイト名 アンコンキットのロゴ部分サイト名 アンコンキットの文字部分
No.035

JR西日本の中土駅までJR東日本の南小谷駅から歩いて行ってみた

中土駅の高地から撮影した写真

上の画像は、JR西日本が管轄する駅としては最も東にある中土駅を高い所から撮影した写真です。

まだ残暑が残る日差しの強い2016年の9月に、私はこの中土駅へJR東日本の境界駅のひとつである南小谷駅から歩いて行ってきました。

このページではこの2駅間の約4キロの道のりの安全性や美しい風景など私が実際に歩いてみた感想を述べたいと思います。

中土駅とは

中土(なかつち)駅は、長野県北安曇郡小谷村にある、JR西日本大糸線の駅です。

かつては新潟県にある谷浜駅がJR西日本が管轄する最東端の駅でしたが、2015年3月14日にえちごトキめき鉄道がJR西日本から移管されて以降は、この中土駅がJR西日本の最東端の駅になりました。

中土駅はあまり人が利用しない小さな無人駅で2時間に1本くらいの割合で電車が到着します。詳しくは中土駅の記事をご覧ください。

中土駅の記事へ進む

なぜ中土駅へ行ったのか

そこに中土駅があるからさ!というわけではなく、私は「北海道&東日本パス」を使って1週間ほどJR東日本が管轄する地区を旅行してきたのですが、長野県から新潟県に向かう際、どうしてもJR東日本の管轄地域から外れてJR西日本及び他の鉄道会社の電車に乗る必要が出てきたため、1駅だけでも歩いて電車賃を浮かせようと考えたからです。

旅行の予定と照らし合わせた所うまくスケジュールにハマってくれて、しかも中土駅がJR西日本の最東端の駅という事もあったので、ぜひ行ってみたくなったというわけです。

まずは南小谷駅を下車

南小谷駅前の画像

別の記事に書きましたが、そもそも今回の旅行の目的のひとつは、全部で5ヶ所以上あるJR東日本の境界駅を回る事だったので、まずはそのひとつである南小谷駅を下車しました。
駅舎やその周辺の風景や建物などの撮影を終えた後、中土駅へと向かいます。

南小谷駅前の川の画像

駅前には川が流れていて、結構な高さがありました。柵がない箇所もあったので駅舎の撮影に気を取られてバックして落下しないように気をつけましょう。

南小谷駅前の国道の画像

川を渡って国道を右に曲がり、ひたすら道なりに進んできます。周りは山に囲まれていて、昔なつかしいような建物もいっぱい建ち並んだ風景には心を癒されましたが、車やバイクの交通量は意外と多かったですね。

南小谷周辺の国道の画像

しばらく道を進んでいくと建物の数も減り、すっかり田舎道になってしまったと思っていた所でしたが、前方をよく見ると都会でもおなじみのあのコンビニのマークが見えてきました。

南小谷駅前と中土駅の間にあるローソンの画像

そうですローソンです。南小谷駅から距離にして約2キロくらいの所でしょうか。そこはまるで砂漠の中のオアシスのようでした(地元の方すいません)。店の中に入ってみると、都会のコンビニと商品の品ぞろえはほとんど変わりはなく、ATMもついていて、もちろん24時間営業でした。無料Wi-Fiもしっかり機能していたと記憶しています。この地域のコンビニ戦争は間違いなくローソンの一人勝ちでしょう。って1軒しか建っていないんだから当たり前ですが。

スポンサーリンク
 

南小谷駅の北にあるトンネルの画像

コンビニを出てさらに道を進んでいくと、大きなトンネルが見えてきます。しかしこのままこのトンネルに入ってしまうと中土駅は確か通り越してしまうので、標識に従って左折して旧道へと進んでいきます。

中土駅へ向かう旧道の画像

先ほどのトンネルの下をくぐって横切るように旧道が通っています。旧道は色んな意味で怖い雰囲気がありました。地元の方が聞いたら怒るかもしれませんが、野生の動物に出くわしたらどうしようとか、台風続きだったので土砂が崩れてきたらどうしようとか、怖い人に襲われたらどうしようとか、そんな事ばっかりを考えながら歩いていました。

中土駅へ向かう旧道の画像

何よりも現実的に一番怖かったのが、車です。旧道では車にも人にもほとんど出くわしませんでしたが、この道は見通しの悪い箇所がいくつかあり、しかもこの旧道の横には川が流れていて、その音が後ろから車が近づいてくる走行音に極めてよく似た音だったので、車が近づいてきてもこれはわかりづらいなと感じました。

中土駅へ向かう旧道の画像

南小谷と中土の間の旧道では、このようなトンネルみたいな所を何回か出たり入ったりを繰り返しました。常にこの旧道を利用されている地元の方からすれば何でもない道かもしれませんが、普段この道を通り慣れていない旅行者の場合は、暗い時間帯などに通るのは危険なのではないかと感じました。私の見落としじゃなければ街灯などは無かったような気がします。あったらすいません。

中土駅へ向かう旧道の画像

しかしこの旧道を歩きながら目にした数々の風景は、本当に美しいものでした。それだけでもこの道を歩いて本当に良かったと思います。中土駅に近づく頃には当初感じていた恐怖はどこかへ消えていました。

中土駅へ向かう旧道の画像

でも何やら「急に水がとび出る」とか怖い看板もありましたが…

スポンサーリンク
 

中土駅の近くの画像

旧道をさらに進んでいくと、目の前には多くの建物が飛び込んできました。

中土駅付近の画像

中土駅も見えてきました。無事に南小谷駅から中土駅まで徒歩で移動する事ができました。続きは中土駅の記事をご覧ください。

中土駅の記事へ進む

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク