サイト名 アンコンキットのロゴ部分サイト名 アンコンキットの文字部分
No.24

格安で高性能のタブレットを半年間貯めたAmazonギフト券で購入した話

ゼンパッドの画像【ZenPad】

今までiPod touchしか持っていなかった私ですが、つい最近そのiPod touchの3倍以上のディスプレイ面積を誇る8インチのタブレット「ZenPad」を半年間で貯めたAmazonギフト券で支払い購入しました。

このタブレットは、iPadなどの高額な機器には及ばないものの、値段が安い割には十分な性能を持った端末であると言えると思います。

ここでは、このZenPadの特徴や私が1週間使ってみた感想をお伝えするとともに、半年間かけて私がどのように20000円分以上のポイントを貯めたのかについてもお伝えします。

Zen Pad 8とは

私が今回購入したタブレットは、台湾のメーカーASUSの「ZenPad 8 Z380KL」というアンドロイド端末で、2015年の夏に発売され、約1年後の2016年7月末にはバージョンアップされた「ZenPad 8 Z380KNL」も登場しました。

このタブレットはsimカードスロットを搭載しているので、simカードを挿入すればスマートフォンとして使う事もできます。

また、128GBまでのmicroSDカードも挿入する事ができるので、アップル製品のようにパソコンにつないで同期しなくても、その場で大容量のデータを移したり入れ替えたりする事もできます。

1年前の機種を買った理由

私が今回2016年7月に発売されたばかりの新機種ではなく2015年に発売された古い機種を購入した理由は、今回のバージョンアップに伴い発売当時は税込みで32000円を超えていた値段が22519円まで下がっていた事です。

Android端末を使った事がない私としては、新バージョンのどこがどう新しくなったと言われても今いちピンと来ず、iPod touch5から6の時のような大幅なグレードアップがなされているとも思えなかったので、発売時の価格より1万円近く安くなっていた古い機種を購入したというわけです。

ただし、Android未経験者の私が理解できていないというだけで、もちろん新バージョンの方が1年前の機種よりも性能が上である事は間違いないと思います。

決して新機種にケチをつけているわけではなく私が無知なだけですので、金銭的に余裕のある方はもちろん新しい方を買っていいと思います。

電子書籍や動画が見やすい大画面

私が今回タブレットを購入した一番の目的は、大画面で電子書籍や動画を見たり、息抜きにゲームをする事です。

私が持っているiPod touchは、iPhone5と同じサイズでとても小さく、電子書籍(ほぼマンガ)を見るにはいちいち画面を拡大したり動かしたりしなければならず、毎回とても苦労してしまいます。

しかしこのZen Padの画面はiPod touchの3倍以上の大きさがあり、漫画の単行本を超えるほどのサイズなので、画面を拡大したり動かしたりしなくてもそのまま読む事が出来て、とても使い心地がいいです。

ただしこのタブレットは大画面ではありますが、解像度が1280x800ドットとフルハイビジョン画質ではないので高画質での表示を求めるのであれば物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

しかし私は個人的には1280x800ドットの解像度であれば十分に綺麗な画像を表示できると思いますし、逆に画質が悪いと感じる事は全くありませんでした。

動画の鑑賞に関しても同じで、1280x800ドットの解像度でも私は十分に満足な映像を楽しむ事ができました。

スポンサーリンク
 

まとめ

まだ使い始めたばかりですが、このタブレットを使ってみた感想は、値段が安い割には十分なパフォーマンスを発揮する端末だと思いました。

私のような金銭的に余裕のない人間でも大冒険をする事なく気軽に手を出す事が出来る庶民的なタブレットと言ってもいいんじゃないでしょうか。

いや、庶民的と言っては失礼なくらい普通以上の性能はあると思います。

アップル製品などの高価な端末に比べ多少性能が落ちる部分があるのは仕方ありませんが、それでも画面の解像度や、カメラやCPUの性能、無線LANの規格などあらゆる機能を見ても、普通かそれ以上の性能は持っていると思います。

学生に例えれば、全科目90点以上取るようなエリートではありませんが、70点以上はとれるそこそこの優等生だと思います。

また、私はこのタブレットを購入する際、iPod touch6に比べ無線LANの対応規格が少なかったので、私が愛用している仮想ルーターのVirtual Router Managerにきちんと繋がるか心配だったのですが、このZenPadでも無事に接続する事ができ、回線速度もiPod touch6とほぼ変わらないようだったので安心しました。

バッテリーの持ちも非常に長く、これで2万円台前半の価格は非常にお買い得だと思います。

ただ、このタブレットの欠点というか残念な点は、やはり持っていると重いことですね。当たり前の話ですが、8インチのタブレットはそれなりに重量があり、長く持つのは疲れると思います。

コツコツとポイントを貯め続けて半年

最後に、私はこのタブレットを約半年間かけてアンケートサイトやポイントサイトなどで獲得したAmazonギフト券で購入しました。

今インターネット上には、簡単なアンケートに答えたり、指定されたアプリをインストールしたり、ゲームをしたりするだけでポイントが貯まり、Amazonギフト券を始めとしたさまざまな商品券や現金と交換できるポイントサイトやアプリがたくさんあります。

私はこういったポイントサイトやアンケートサイトを5か所以上を掛け持ちで利用していて、それほど大きな苦労をする事なく半年間で2万円分以上貯める事ができました。

具体的なサイト名やアプリ名はここでは控えますが、検索して上位にヒットする何年もの実績があるサイトを利用すれば、安全にポイントを貯める事ができますので、みなさんもぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

チリも積もればやがて山となりますよ。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク