サイト名 アンコンキットのロゴ部分サイト名 アンコンキットの文字部分
No.13

期限ギリギリでWindows10に無料アップグレードしてみた

Windows10にアップグレード中のパソコンの画像

2016年7月29日が迫る中、Windows7と8のユーザーの中には、ポケモンGOをやっている場合じゃないくらい難しい決断に迫られている人達もいるのではないでしょうか。

実は私もその一人でしたが、先日期限ギリギリでwindows10への無料アップグレードを行いました。

ここでは、その時にかかった時間や、アップグレード後に満足した点や戸惑った事などをパソコンの専門家ではない素人の視点から簡単に述べたいと思います。

これを読んで、アップグレードするべきか最後の最後まで迷っている人の参考になれば幸いです。

とりあえずアップグレードはするべき

まずはWindows10にアップグレードするべきかという点ですが、私は個人的にはした方がいいと思います。

なぜなら、アップグレードしても気に入らなければ1ヶ月以内なら元のOSに戻せるからです。

もし無料キャンペーン中にアップグレードをせずに、8月に入ってから気が変わって無料アップグレードがしたいと思っても、その時は既に手遅れなわけですが、逆に無料期間中にとりあえずアップグレードをしておいて、8月に入ってからWindows10が気に入らないから元のOSに戻すということは出来るわけです。

ですから、無料でアップグレードが出来る人は、実際に体験してみてからWindows10が良いか悪いかを判断するべきだと思います。

アップグレードはとても簡単

アップグレードの手順はとても簡単です。

画面の指示に従ってボタンを数回クリックしていくだけで、あとは勝手にアップグレードが進んでいきます。

アップグレードにかかった時間は、私の場合はWindows10のファイルをダウンロードするのに30分近くかかり、インストールするのに1時間くらいかかりました。

この時間はネットの回線状況やPCのスペックなどによって変わってくると思いますが、アップグレードが終わるまでは何か別の作業をするなり睡眠をとるなりして待っていればいいと思います。

私の場合は考え事をしながらボーッと画面を見ていたような気がしますが、アップグレード中には画面がついたり消えたりする事が何回かあり、時には数分間真っ暗なまま動かなくなった時もあったので、かつて似たような現象の末パソコンが壊れた経験を持つ者としては、見ていてとても心臓に悪かったです。

しかしそれは正常ですので、画面が真っ暗になり動かなくなってもマウスやキーボードを動かしたりせずに黙ってアップグレードが終わるのを待ちましょう。

スポンサーリンク
 

Windows10の操作はまず迷わない

無事にアップグレードが終わると、いよいよWindows10が起動されます。

その時に私が初めて操作してみた感想ですが、特に今までのwindowsとの大きな違いはなく、動かし方ががわからなかったり操作に迷ってしまったという事もほとんどありませんでした。

全体的な画面の見た目は、タイルなどWindows8の名残も若干残ってはいますが、どちらかといえばWindows7に近いような印象を受けました。

私の個人的な見解を言えば、7や8に限らずそれ以前からずっとwindowsを使ってきた人であれば、Windows10の基本的な操作に迷う事はなく、ほとんどの人が動かせるだろうと思います。

戸惑った点とその解決方法

しかしWindows10が以前のOSと全く変わらないわけではありません。

同じだったらアップグレードする意味がないわけで、もちろんWindows10は数々の素晴らしい進化をとげているのですが、ここでそれらを紹介していたらキリがありませんので、ここからは私が最初に10を動かしてみた時に気になった点をいくつか取り上げたいと思います。

まずは、10にはIEの他に「Edge」というブラウザが搭載されていて、デフォルトではそっちが標準ブラウザに設定されています。

さらにEdgeの検索エンジンは私が使い慣れたgoogleではなくbingに設定されているので、個人的には多少違和感がありました。

Edgeが気に入らなければ他のブラウザを使えばいいだけの話ですが、もしEdgeは使いたいけど検索エンジンだけをgoogleに変更したい場合は、一度Edgeでgoogleのトップページを開いておくことによってEdgeの設定画面の検索エンジンの候補にgoogleが追加されるので、それを選ぶ事で変更できます。

またWindows10でファイルを開いた際に、タスクバーやタイトルバーに色がついていない事にも私は困惑しました。

以前のOSでは複数のウィンドウを開くとアクティブになっているウィンドウのバーには色がついていたのでわかりやすかったのですが、今回はどれも真っ白なので、私はこの設定も以前のように変更しました。

やり方は、デスクトップの何もない所を右クリックして、「個人設定」→「色」と進んで設定を変更します。

愛用していたVirtual Router Managerが一時動かなくてピンチ

あとは以前のOSでは動いていたソフトが、Windows10では動かないという事もあります。

私の中で一番打撃が大きかったのは「Virtual Router Manager」という、パソコンをルータ化するソフトが一時動かなくなった事です。

以前のiPod touchの記事でも取り上げましたが、私はWi-Fiルーターを持っておらず、パソコンをルータ化して使っているのですが、その大事なソフトがWindows10にアップグレードしてからは動かなくなってしまい、とても戸惑いました。

しかし一度ソフトを削除し、再びインストールする事でWindows10でも無事に動くようになりました。

しかしこのソフトは相変わらずWindows10では不安定なのか、たまに動かなくなることがあり、その度にソフトを入れ直す事で起動させています。

まとめ

いかがでしたしょうか。アップグレードして数時間しか使っていない立場ですが、私としてはWindows10の操作は簡単なので、ぜひ一度アップグレードしてみるべきだと思いました。

Windows10には、かつてWindows8に初めて触れた時のような戸惑いはありませんでした。

わからない事は調べてみるか、使っているうちに慣れていけば対応できると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク